めりむつの成り上がりぶろぐ

めりむつが仄暗い水の底から這い上がっていく様を記したお話です

まぞあきめりむつの滑らない話2

前回までのまんすじ



















ゲイの聖地。
新宿二丁目に迷い込んだめりむつ。


















めりむつの所持金はもうわずか。



















めりむつは求めていた…












そう。。






















おちんぽみるくを。









おはようございます。
めりむつです。
やっと仕事決まりまして、火曜日から始動します。







ですが、自営業なので完全歩合制で経費もかかる。不安でいっぱいです。
支払いちゃんと出来るように頑張ります。











では、昨日の続きです。





















高校時代ラグビー部に所属していためつむつ。真夏の暑い日だったが擦り剥くと痛いので長袖を着用していた。やはり違和感。。。
しかし、練習は始まりスクラムの練習をする事になった。












そこで事件は起こった。












違和感の正体が明らかになったのである。












するするする…












ん?なんか服の中で何か動いてるぞ。












両腕が塞がっているめりむつ。
確認する事ができない。












すると服の丈から何か出てきた。




























母親のブラジャー!!!!!












後のAさんへのインタビュー

A「いやーあの時は驚きましたよ。時間が止まるってああいう感じなんですね。まさかあんな物が出てくると思わなかったんで、めりむつさんの趣味疑いますねー。まぁ洗濯した時に長袖の脇にでも引っ掛かっちゃったんでしょうけど」





















我が生涯に悔いしかなし

f:id:merimutsu:20160117103237j:image