めりむつの成り上がりぶろぐ

めりむつが仄暗い水の底から這い上がっていく様を記したお話です

冷静と情熱の間



どーも。またまためりむつです。


1月ももう中盤。本当に早いですね!そして俺が産まれてからは既に25年もの歳月が流れました。25年間お前はなにをやっていたのか?と思うくらい、自分の未熟さを実感させてもらっている日々です。







本日のテーマは「冷静と情熱の間」。
なんかこんなドラマあったよなぁ、、







人間常に冷静な判断は大切です。
特に上に立つ人間にとってみればこれは切っても切れない重要なスキルです。










しかし………











例えば、高校のヤンキーを例にとりましょう。








敵対している高校の人間に明らかに理不尽な理由で自分の可愛がっている後輩が傷つけられたとしましょう。










その時に「誰にやられたんだ?俺が乗り込んできてやる」と即言ってくれるリーダーか、冷静に相手の高校、人員、武器の有無など調べて勝てると判断してから作戦を練って仕返しに行く、勝てないと判断すればやらないリーダー。










あなたはどちらのリーダーについて行きたいだろうか?









僕は前者である。










しかし、組織が大きくなればなるほど後者のリーダーの判断が求められる。
だが、人がついて来ないリーダーでは意味がない。というかリーダーになれない。












つまり、この人が言うなら従います。と言われるくらい魅力があり、時には自分を押し殺して判断し、時には感情ムキ出して行動する人間にならなくてはいけないということ。









人の上に立つというのはとても難しい。
上に立ったこともない人間が言うのは、んふぅな話だが、、










めりむつの成り上がりはまだまだ先の話になりそうだ。












とりあえずオナニーして寝よう。。。

f:id:merimutsu:20160114200936j:image